• 吉原
  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 茨城
  • 栃木
  • 北海道
  • 東北
  • 北陸
  • 東海
  • 金津園
  • 福原
  • 雄琴
  • 関西
  • 四国
  • 中国
  • 中州
  • 九州
  • 沖縄
記事を読んで面白いと思った方は、イイネボタンをクリックして下さい→  評価数1078

体験者 ソープ好きのケン
体験者の年齢 40代
お店へ行った月 8月

お店の場所 東京 吉原
体験した店舗名 プレジデントクラブ
体験した店舗の料金 ¥40,000~¥50,000未満
お店までの交通手段 送迎を使った
このお店の利用回数 2~5回
案内までの待ち時間 20分以内
部屋の広さは? やや満足
従業員の態度は 丁寧
お店の採点 ★★★★

源氏名 芹沢加茂さん
今回の姫はどのようにして入りましたか? 本指名で
今回の姫に入るのは何回目ですか? 10回以上入った事がある
姫の年齢は? 30後半歳ぐらい
実物と比較して? 写真と少し違う程度
姫のスタイルは スタンダード
姫のタイプは 熟女系

姫の本気度は何点でしたか? ★★★★
即々は? 即々だった
Fはどうでしたか? 生でFしてくれた
プレイ内容はどんな感じでしたか? 仕事系
たばこを吸う姫でしたか? 全く吸わなかった
姫の責め、受け身のタイプは? 責め、受け身ともに合わせてくれた
個室での姫との会話はどうでしたか? ほど良い会話
姫とのキスはどうでしたか? 姫からキスを求め非常に満足できた
椅子洗いでのプレイはありましたか? 壷洗いなどがあり非常に満足した
ベッドでのプレイはいかがでしたか? 文句の付けようが無いぐらい良かった
回数は? 3回
姫の評価は? ★★★★★

今回の評総評は? ★★★★★
評総コメント  このお店の利用は3度目ですが、今回のお相手芹沢さんとはその前からの付き合いで5,6回ほどお相手いただいております。
ここで私がレポートするまでもなくご存じの方も多いかとおもいますが、毎年夏に1度はお目にかかっているので投稿させていただきました。
 
 このお店吉原では数少ないエレベーター設置店なんですよね。
待合室でアイスコーヒーをご馳走になりながら待つこと15分程でしょうか、「お待たせしました」との案内にエレベーター前で小柄な芹沢嬢と今年初めての対面。エレベーター前でボーイさんの「お時間までゆっくりお過ごしくださいませ」という声を聞きながら嬢に唇を塞がれ扉が開いているのを気にせずはやベルトに手を掛けチャックからムスコを取り出し口にする嬢。汗まみれのムスコを嫌な顔せずに頬張ってくれるのはいつもと同じ。エレベーターを降り個室に入るや「久しぶりねぇ」程度の軽い挨拶のみで立ったままの私の服を器用におしゃぶりしながら全て脱がす芹沢技、いつものことながら鮮やかな動きです。
 全裸にさせられると自然の動きでベッドに仰向けになります。嬢の柔らかな唇やら温かな舌が私の耳裏や乳首おへそと自在に攻め立ててまいります。その間も手は私の股間にあり刺激をずっと与えております。
臨戦状態になったムスコを確認するや嬢から「上の口にする下の口にする」と聞かれいつものように「上の口で」と返す私(上の口で受け止めていただける嬢を他にしりませんので)。
その一言を耳にするやムスコを頬張った首の動きがいっそう激しく上下運動となり嬢の口に白濁液を放つとそれを全て呑み込む嬢。くすぐったいというのかこそばゆいというのか放った後もムスコを口できれいにしてくれたのでした。恐らくここまで15分もかかってないのではとおもいます。
 ここで下半身にタオルを掛けられ脱ぎ捨て状態の衣服を丁寧に折り畳んでくれながら嬢との会話が始まります。嬢は人口パ○パンきれいにそられた所に目がいきます。すると洗い場えと急き立てられイスに腰掛けた私の背中を嬢の豊かな胸が這い回ることに。私の正面に座り片足をとり足の指を一本づつ口に含みしゃぶってくれます。その間わたしの指は姫に導かれ姫自身の中をさまよっております。
 身体を洗い流してもらい浴槽へと移ります。ここで混浴タイム、汗をしたたらせながらムスコを咥えしゃぶってくれる嬢。そんな嬢が体勢を変えお尻をこちらに向け上半身を湯から出し手を使わずに首振りだけでの上下運動に励んでくれます(口だけの動きなので早漏の私でも口技を楽しむ余裕ができます)。頃合いを見計らいMットへと再移動。
 身体を使って○ットをローションまみれにするとその○ットに仰向けに寝るよう告げられ横になるや姫の手から腰にやや熱めのローションが垂らされ心地よい気分になります。それを掌で伸ばし嬢の身体が私の上を自在に動き回ることに。ベテランというのか一連の動きに無駄がなく感じまくりの私。嬢の舌が足の裏を這いまた指を口に含んでくれます。
四つん這いにさせられ丸見えのアナルを温かな舌が奥深くまで攻め入るころにはムスコはマックス状態。このままお預けとなり仰向けとなり嬢の顔を見ながらドッキング、今度は下の口に放出したのでした(帽子はつけておりません)。 口できれいにして貰った後丁寧にシャワーでローションを流していただきBッドへ移動。

 ここで初めて私が主導権を握り女体探検へと進むことになったのですが、気づけば嬢がいつの間にやら私を攻め立てているではないですか。的を得た嬢の技巧にはまり敢え無く3度目の放出となり先ほど同様放出を終えたばかりのムスコを舌で拭き取っていただき着替えエレベーターに乗りこみキスをしているうち1階に着きボーイさんにその姿を見られながらのお別れとなりました。
 お陰様で今回も充実したひと時を過ごさせていただきました。