• 吉原
  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 茨城
  • 栃木
  • 北海道
  • 東北
  • 北陸
  • 東海
  • 金津園
  • 福原
  • 雄琴
  • 関西
  • 四国
  • 中国
  • 中州
  • 九州
  • 沖縄
記事を読んで面白いと思った方は、イイネボタンをクリックして下さい→  評価数228

体験者 舐め男
体験者の年齢 40代
お店へ行った月 9月月

お店の場所 埼玉 大宮
体験した店舗名 バタフライ
体験した店舗の料金 ¥20,000~¥30,000未満
お店までの交通手段 送迎はしてくれなかった
このお店の利用回数 初めて
案内までの待ち時間 10分以内
部屋の広さは? 満足できる広さだった
従業員の態度は 丁寧
お店の採点 ★★★★

源氏名 Aちゃん
今回の姫はどのようにして入りましたか? お店にに薦められて
今回の姫に入るのは何回目ですか? 初めて入った
姫の年齢は? 28歳ぐらい
実物と比較して? 写真通りだった
姫のスタイルは スタンダード
姫のタイプは モデル系

姫の本気度は何点でしたか? ★★★★
即々は? 即々だった
Fはどうでしたか? 生でFしてくれた
プレイ内容はどんな感じでしたか? 恋人系
たばこを吸う姫でしたか? 全く吸わなかった
姫の責め、受け身のタイプは? 責め、受け身ともに合わせてくれた
個室での姫との会話はどうでしたか? ほど良い会話
姫とのキスはどうでしたか? 姫からキスを求め非常に満足できた
椅子洗いでのプレイはありましたか? 体を洗う以外、特に何も無かった
ベッドでのプレイはいかがでしたか? 通常のベッドプレイだった
回数は? 1回
姫の評価は?

今回の評総評は? ★★★★
評総コメント 仕事中に大宮ソープ街を徘徊。
最近HPがリニューアルされ、気になっていたお店「バタフライ」
最近新人入店が激しい勢いあるお店!


「この子なんですけど~、今日が初日です!」
写真を見る限り超美形です!スタイルも良さそうで興奮してきました!

待合室へ案内されると既にお客さんが3組!
テレビを観てる人もいればスマホをいじる人、雑誌を読む人と皆さん平静を装ってます!(笑)

私が呼ばれ待合室をエレベーターへ

待っていたのがAちゃん!
ちょっと長めのストレートな黒髪に胸元があいたワンピース!
愛嬌のよい可愛らしい女の子!
スタイルも私好みで。

「はじめましてAです。宜しくお願い致します。」

私の前でニッコリ挨拶するAちゃん!
あまりの可愛さに、興奮して思わず抱きしめてAちゃんの服を一枚一枚脱がせます。
そしてAちゃんが私の着ているシャツのボタンを1つづつ外しハンガーに掛ける。上半身裸の私。
ズボンのベルトにAちゃんが手をかけ、スムーズに外し、チャックを下ろし私が腰を浮かすと同時にズボンを脱がせた。
ズボンをしまうとバスタオルを私の股間に覆いAちゃんがバスタオルの中に手を入れ私のパンツを下ろす。
当然私もバスタオルを持ちながら腰を浮かす。
パンツも綺麗にたたみタオルに挟んだ。
「すみません。不慣れなもので何かあったら遠慮なくおっしゃって下さい。」
私の前で向かい合わせになり膝を付くAちゃん。何も言わずキスから始まった。
上手い!優しいキスでほんのりとミントの香り。
「いいですか?」

ビックリしたのはAちゃんの体!スーパーボディに美肌!
欠点がないぐらいの体!胸も程よい大きさで綺麗な乳首。
ウェストが締まっていてヒップラインが絶妙!久しぶりに見る美肌美ボディ!

再びAちゃんが私の股を開き、向かい合って膝をつきキスが始まる。
同時にAちゃんが私の両手を持ち自らの胸に手を導く。
キスをしながら私はAちゃんの両胸の乳首を親指でコロコロコミックス!

「ふぅ~ん」

若干息遣いが荒くなるAちゃん。みるみる内に乳首が固くなるのが分かる!

「ダメな所とかないですか?」

「ない」と告げるとそのまま私の左乳首へと移動し優しく舐め始めた。
同時に私の右乳首を指をコロコロするAちゃん。
私もAちゃんの胸を揉む。

そのまま下へ唇を這わせながら移動するAちゃん。
既にギンギンに勃っている私の股間を握りながら更に私の股を広げ、私の股間に潜り込み脚の付け根を舐め始めるAちゃん。
同時に股間を優しく触り続ける。

そのままキン○マも舐め始める。口には含まず舌を使って上下に舐める。
もう片方の脚の付け根も舐め終えると股間の根元部分を持ち替えFェラが始まる!

上手い!人○Sベスト3に入る上手さ!口の中が温かくへばりつく!
ゆっくりと優しいFェラであるが口の中にへばりつく!
口の中がキツい!と言えば理解して頂けるだろうか?とにかく上手い!
イキそうになるFェラは滅多に無かったから驚いた!

「どちらがよろしいですか?攻めますか?」

“受け”宣言する私!そのままBッドに横になるよう促すAちゃん。
仰向けになった私をまたぎ、股間を持ちM字開脚のポーズでゆっくり腰を下ろすAちゃん。

「あったけ~!」
「熱いですもの~」

しかもキツい!最近締りが良い女の子に当たるがAちゃんも負けず劣らずキツい!
そして温かいあそこに感動!

「ハァ~~ン」

ゆっくりとM字開脚で腰を上下に動かすAちゃん。
自ら腰を深くまで下ろすと満足げなAちゃん。
出し入れされる私の股間が光っていてイヤらしかった!

「あ~いい~」

Aちゃんがゆっくり腰を前後に動かす!その度に長い黒髪が揺れる。
ただでさえ締まりが良いAちゃんのアソコが背面騎乗位になったら更にキツく感じる!
そのままAちゃんが私の膝に手を置き体を前傾にする!
私の股間が反り上がる!

「あ~~~当たって気持ち良い~!」

私も気持ち良くないはずがない!
すかさず私がAちゃんのお尻を掴み前後に動かすと同時に僅かではあるが腰を突き上げる!

「あっ!あっ!あ~~~ん」

自爆しそうになった!
すぐに動きを止め、昔覚えた円周率を思い出す!

「攻めますか~?」

願ったり叶ったり!
Aちゃんが私から離れると体を入れ替えAちゃんが仰向けになった。上からAちゃんの体をまじまじと見るが本当に素晴らしい体!

正○位でイレようとする。
Aちゃんが自ら脚を持ちイレやすいようにおもてなし!陰毛は薄くアソコも綺麗だった!

「ん~~~ん」

ゆっくりとイレた。Aちゃんの乳首を舐めながらゆっくりと腰を動かす私。
乳首は固く“ツン”っと立ってた!

「ん~~ハァ~~」

休憩の意味もあり腰を動かさず乳首を攻める私!腰を動かすと出そうだからだ!
乳首を攻めるとその都度体が反応するAちゃんがメチャクチャ可愛い!

峠を越しただろう。そんな気持ちになり松葉くずしの体位になった!
Aちゃんの左脚を持ち深く突き刺す!

「あ~ん、ん~~ん、ハァ~~ん」

異常に気持ち良いAちゃんのアソコ!
これが相性なのか?ただ単に気持ち良いアソコなのか?
気持ち良いからそんなのどうでも良い!

「Bックは嫌い?」

私が我慢をしてるのを悟ったか?AちゃんがBックを要望!
Bックが好きな体位であってくれ~!っと願い1度抜く。

Aちゃんが起き上がり四つん這いになりBックの体勢!またもや絶景!
ぷりっぷりのお尻!テカテカに光るアソコ!濡れた陰毛が印象的!

「あんっ!あ~~~ん」

遠慮なくブチ込む!しっかりと腰を持ち力強く突き上げる!
髪の毛を左右に振り乱し悶えるAちゃん!征服感がたまらなく興奮する!

「あんっ!あんっ!あんっ!あ~~~~~」

我慢できずラストスパートをかけてしまった!もちろん暴発!

「あ~気持ち良かった~!」

嘘でも嬉しい言葉!
私がBッドに横になると、すぐに股間を掃除しバスタオルを掛けてくれた。

しばしドリンクタイム!

私が横になっているとドリンクを飲ませてくれようとする優しさ!
たまらず起き上がり自分で飲んだ。

しばしご歓談!

以前、超高級店での経験があった事もあり、言葉使いやおもてなし、体重管理など所作が素晴らしい!
がしかし復帰初日!手探り状態が否めない!それもご愛嬌!

会話をしながら髪の毛をUPにし風呂場へ向かうAちゃん。
髪の毛をUPにしたAちゃんはちょっと幼顔になってとっても可愛かった!

やはり本能だろう、何も考えず機敏な動きで泡づくりをするAちゃん。

「よろしければどうぞ~」

風呂場へ移動する際も「滑りますので気を付けて下さい」とのお気遣い!

シャワーで温めたIスに座る。とても温かく心地よい。
私の前に膝まづき向かい合わせになり私の左腕から泡をつけ始めた。
続いて右腕、背中胸お腹と洗った。私の足を持ちAちゃんの膝の上に乗せると泡を付け足の指を一本づつ丁寧に洗った。
左右の足を洗うとスネからモモを洗い、最後に股間とア○ルも丁寧に洗いシャワーで全身を洗い流してくれた!
シャワーで洗い流す際、私の顔に掛からないようにシャワーヘッドを手で包むように使っていたのが印象的だった!
気遣いが素晴らしい!

「Mットの準備をしますのでお風呂でお待ちになって下さい」

Aちゃんに浴槽まで導かれ風呂に浸かる。ちょうどいい湯加減で至福の時間を過ごす。
すぐにMットの準備に取り掛かるAちゃん。
やはり本能であろう、スムーズな動きでMットを敷き、ローシ○ンを作る!

ここで今までに見た事のない、聞いた事のないローシ○ン作りを目の当たりにした!
小刻みな手の動き、物凄い速いローシ○ンをこねる音!初めて見るローシ○ン作り!
達人の域のように感じた!

「どうぞ~滑りますのでこちらから~まずは膝をついて下さい」

事細かく説明を受けた。
ローシ○ンが敷き詰められたMットにうつ伏せになる私。

「お願い致します」

背中にローシ○ンが掛けられる。温かくて最高!
続いて下半身にローシ○ンを掛けられ、いよいよ始まる!

私の股の間に入りAちゃんが私の股間を掴み出す。
すると背中をバキュームし始めた!背中一面をバキュームした後、私の左腕から手、指を舐め右腕も同様に舐めた。
続いて私の上半身をまたがりタワシ洗い!陰毛で背中を刺激され気持ち良い。
Aちゃんが体を反転させ私の片方の脚をまたがり足を持ち、私の土踏まずをAちゃんの乳首でグラインド!
乳首の刺激が気持ち良い!

乳首でのグラインドを終えるとそのまま足の指を一本づつ口に含み丁寧に舐めて洗った。
それを終えると下半身のバキュームが始まった!部屋の中に私の声が響き渡る!
何度受けても声が出る程の気持ち良さ!
Aちゃんが私の股の間に収まりア○ルを舐め始める!
同時に股間をシゴク!私絶叫し気持ち良すぎて涙が出る!
続いて横滑りをした後に裏松葉くずし!
実にイヤらしい音を奏でるAちゃんであった!

十分に背面を堪能した後、私の首に手を入れて私の手を取り引っ張って仰向けにするAちゃん。
無駄のない動きに感心!

私の乳首を舐めるAちゃん。
両方の乳首を舐め終えるとそのまま下へと行きFェラをするAちゃん!やはり温かくて気持ち良い!
リズミカルにFェラをした後は私の上全身をタワシ洗い!私の上を滑り動くAちゃん!
ローシ○ンで体がテカテカに光り実にイヤらしい光景!陰毛の刺激が良い!
下半身に移動し私に背を向けたまま片脚をタワシ洗い!
同様に陰毛で刺激され気持ち良く、視覚でも存分にイヤらしさを味わえた!

そのまま私の脚を閉じAちゃんが背面のまま両脚をタワシ洗い!
すると入っていた!いつの間にか入っていた!そう!ローシ○ンも手伝ってか滑り込んでいた!
プロの技に驚きを隠せない私!

やっぱりキツい!ローシ○ンまみれでもAちゃんのアソコはキツい!

「ハァ~ハァ~!ハァ~ハァ~!」

ローシ○ンの音と共にAちゃんの喘ぎ超えが響き渡る!
するとAちゃんがスルッと体を反転させ今度は騎乗位になった!再び腰を動かすAちゃん!
先程のBッドとは違い髪の毛をUPにしてるせいか、雰囲気が全然違って妙に興奮する!
Aちゃん自ら胸を揉みほぐし悶える!何とも言えないぐらい芸術品のイヤらしさ!

「あんっ!あんっ!あんっ!」

騎乗位の動きに合わせ自ら胸を揉みながら悶える!
今までにないイヤらしさを目の当たりにし、恥ずかしながらイッてしまった!

「ハァ~ハァ~出た~?」

余韻を楽しんだ後、シャワーで軽くローシ○ンを洗い流し、桶を手に取り泡を作り始めたAちゃん。
その泡を私の体に塗りながらマッサージ!
このマッサージが気持ち良くて睡魔に襲われる!
営業で歩き回る私のふくらはぎからアキレス腱のマッサージはプロ級!
何分マッサージに時間を費やしただろう?
とにかく丁寧に足の指先から手の指先までマッサージをしてくれた!
このマッサージだけでもいいから受けたい!それだけ印象に残るぐらい気持ち良いマッサージだった!

シャワーを持ち、シャワーヘッドを手で包みながら優しく全身のローシ○ンと泡を丁寧に洗い流すAちゃん!
手足の指の間も丁寧に!最後に私の上半身を起こし背中も洗い流した。

「足元に気を付けてお風呂へどうぞ」

Aちゃんに手を取られお風呂へ入った。
すぐさまMットの後片付けをするAちゃん。

「いつでもいいですから~」

Mットを片付け、掃除を済ませるとAちゃんが先にあがり私を待っていた。
私もすぐにあがりAちゃんの元へ行きタオルで拭いてもらう。
当然丁寧に隅々まで拭いてくれた!

「今日は至らない事があり、誠にすみませんでした」
最後の最後にそんな言葉を言い残しお別れしました。
次回は指名します。