• 吉原
  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 茨城
  • 栃木
  • 北海道
  • 東北
  • 北陸
  • 東海
  • 金津園
  • 福原
  • 雄琴
  • 関西
  • 四国
  • 中国
  • 中州
  • 九州
  • 沖縄
記事を読んで面白いと思った方は、イイネボタンをクリックして下さい→  評価数163

体験者 栄町太郎
体験者の年齢 50代
お店へ行った月 4月月

お店の場所 東京 吉原
体験した店舗名 シーザースパレス
体験した店舗の料金 ¥30,000~¥40,000未満
お店までの交通手段 タクシーまたは歩きで
このお店の利用回数 初めて
案内までの待ち時間 10分以内
部屋の広さは? 少し狭く感じた
従業員の態度は 丁寧
お店の採点 ★★★★★

源氏名 ともえさん
今回の姫はどのようにして入りましたか? ネットの写真指名で
今回の姫に入るのは何回目ですか? 初めて入った
姫の年齢は? 35歳ぐらい
実物と比較して? 写真の雰囲気通りだった
姫のスタイルは スタンダード
姫のタイプは お姉さま系

姫の本気度は何点でしたか? ★★★★★
即々は? 即々だった
Fはどうでしたか? 生でFしてくれた
プレイ内容はどんな感じでしたか? 淫乱系
たばこを吸う姫でしたか? 断りを入れて吸った
姫の責め、受け身のタイプは? 責め派
個室での姫との会話はどうでしたか? プレイ中心で会話は挨拶程度
姫とのキスはどうでしたか? 姫からキスを求め非常に満足できた
椅子洗いでのプレイはありましたか? 壷洗いなどがあり非常に満足した
ベッドでのプレイはいかがでしたか? 文句の付けようが無いぐらい良かった
回数は? 4回
姫の評価は? ★★★★★

今回の評総評は? ★★★★★
評総コメント 今回はホームの千葉栄町を離れ、花の都吉原に遠征してみました。遠征にあたりネットで念入りに調べ、選んだお店と女の子はシーザースパレスのともえさんです。決め手はHPのプロフィールで見た、超・ド・スケベ姫というお店からのコメントでした。メンバーになると一週間前から予約が出来ますが、初登楼なので前日の20時以降に電話をして予約を取りました。登楼当日時間があったので、送迎を頼まずにブラブラと吉原探索をしながらお店に向かいました。お店に到着し、プレイについてのアンケートを書きました。これはプレイの流れと、希望のプレイ・発射回数・G着G無などを記入し、あらかじめ姫に渡しておいて、スムースにプレイを進めるためみたいです。これは良いな~って思いました。栄町では普通ですが、吉原では珍しくエレベータでご対面です。対面したともえさんは、はっきり言って写真とは違いますが、化粧をすると写真の様になるんだろうな~ってな感じで声としゃべり方は杉本彩っぽいエロそうなお姉さんです。エレベータのドアが閉まると、いきなりキスをしながらズボンの上からチ◯チンを触ってきてご挨拶です。お部屋に入って、ちゃんとした挨拶の後フルアシストで全裸にされ、ベ○ドに押し倒されともえさんによる怒涛の攻めのスタートです。とにかくともえさんは、会話をしている以外は、キスをしているか、フ○ラをしているか、チ◯チンをさわっているかのエロ姫ですので、終始悶絶しっぱなしでした。たっぷりフ○ラされた後、有無を言わさず上に乗られ激しい腰使いにあっけなく1回目の発射です。ここまで入室してから10分ぐらいだった気がします。逝った後のお掃除フ○ラも念入りにしてくれて、またまた元気になりそうです。しばしの休憩中もさわさわされて、段々ムクムクとしてきちゃいます。洗い場に移動し、洗体してもらいます。最近は体を洗うだけが多い中、このお店では、椅子洗いはデフォルトらしいです。久々にローション等を使った椅子洗いでくぐり椅子でのフ○ラとか椅子での壺入れとかを味わいました。椅子洗いのフィニッシュは、椅子に座ったままバ◯クで○入、奥までガンガン突きながら2回目の発射でした。この後もお掃除フ◯ラをしてくれ、ローションを流して入浴しました。ともえさんも一緒に入浴し、お決まりの潜望鏡でともえさんのフ◯ラを味わい、ともえさんは○ットの準備へ。○ットの準備中も何度かともえさんは入浴してきて、その都度潜望鏡をしてくれます。ホントチ◯チンの休まる時がありません。マ◯トプレイも縦横無尽に動き、巧みなテクに大満足です。マ◯トでは、ともえさんのお口の方へ3回目の発射をしました。もうヘトヘトです。自分の希望では発射は3回だったので、この時点で大満足でした。しかし超・ド・スケベ姫は、これで許してはくれませんでした。マ◯ト終了後ベ◯ドに戻ると、しばしの休憩&ドリンクタイム後にまた押し倒され、犯されるようにフ◯ラされ上に乗られて4回目の発射をしました。さすがに4回目だったので長持ちしたので、ともえさんも楽しめたようです。ホントともえさんは帰りのエレベーターの中でも5回目しちゃおうかと悪魔の囁きをしてくる、超・ド・スケベ姫でした。体力のある方、痴女的な女性が好きな方に最適な姫だと思います。